戸建賃貸casita 『利益を生む家』

利益を生む家 caita(カシータ)

自分で住む家・人に貸す家・人に売る家
「住む・貸す・売る」という三つの価値を長期的に維持できる住まいを、適正な価格で建てることで、「利益を生む家」は初めて実現するのです。
だからこそ

長期優良住宅

Ⅰ ランニングコストが安い

長期優良住宅は気密性・断熱性が高く、冷暖房費のランニングコストが安く済みます!!

Ⅱ 地震に強く、安心して永く住める家

長期優良住宅は震度6強の1.25倍の大地震でも壊れないレベル。安心して永く住める家です!!

Ⅲ リフォームの時にも費用が安く済みます

長期優良住宅は可変性が高くリフォームもしやすく造られているので、将来の変化にも柔軟に対応できます!!

Ⅳ さまざまな税制優遇があります

一定の要件を満たせば固定資産税や登記代が安く済み、税金面でも安心な家です!!

マイホームをお考えの方

子育て世代のパパ・ママへ

  • マイホームがほしい。でもローンを組むには不安が大きい。
  • 戸建で子供をのびのびと育ててあげたい。
  • マンションやアパートで子供がたてる音が気になりつい怒ってしまう・・・
  • 周りへの気遣いに疲れる。

そんな悩みも、casitaなら解決できます!!
今お支払いの家賃と変わらない金額でマイホームを持つことが可能なのです。
ローン返済の心配もインカム住宅にすることで、むしろ老後の安心へと繋がるのです。

収入付マイホーム インカム住宅という考え方「家賃収入で家を建てる」

casitaを2棟1セットで建築して、
1棟は自宅として、もう1棟を賃貸住宅とすることで家賃収入を得ることができます。

結果、現在の家賃負担より安いお支払いでcasitaを2棟持つことが可能です。

また、ローン返済後2棟とも賃貸住宅にして
2棟分の家賃収入でローン返済額0円で新たにマイホームを持つことも可能なのです。

これも長期優良住宅のcasitaだからこそ!!

二世帯住宅をお考えの方

近距離二世帯住宅

子供たちが独立し、夫婦2人では広すぎる家にお住みのシニア世代。
ちょうど年数的にもリフォームや建て替えを考える時期・・・casitaを2棟建てれば二世帯住宅に早変わり。

自分たちの子供が近くにいると何かと心強いですし、かわいい孫の顔もいつでも見ることができます。

また、近くても完全に別棟なのでトラブルの心配もなくプライベートも守れ、楽しく助け合いながら二世帯住宅を安心してスタートできます。

夫婦共働きが多い今、家族が皆で支えあい助け合いながら生活する時代が戻ってきたのではないでしょうか。また、いずれ一世帯で住むことになっても空いた1棟を賃貸住宅として貸すこともできますので、家賃収入でローン返済も心配いりません。

賃貸経営をお考えの方

カシータで25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。
WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。

長期優良住宅仕様の高品質でコンパクトな住まいは、
大幅なコストダウンに成功し少ない初期費用で建てることができます。

コストパフォーマンスにすぐれ高利回りが期待でき、
貸す人、借りる人、すべての人にうれしい新しい賃貸住宅です。

カシータの強み!!

  • 集合住宅にはない独立性(子供がいても周りの事を気にしなくていい)、2台の駐車場を確保。
    共同住宅と比べてプライバシーを確保できる。
  • 隣家、上下階の音を気にしなくて良い。
    間取りが広い(部屋が広く収納も充実しているのでゆったり暮らせる)、屋外テラス付
  • 持家仕様(専用住宅並みのグレードと大きさ)で、入居者の満足度の高い価値ある住まいとして賃貸住宅をさらに進化。高い入居率で賃貸経営をサポートします。長期優良住宅仕様の高気密、高断熱
  • ゆとりのキッチン、IHコンロ、1坪サイズの広々としたお風呂、ウォシュレットなど充実した設備
  • 収納が多い

暮らしを豊かに彩る高品質な仕様

暮らしを豊かに彩る高品質な仕様
少額投資・高入居率・高利回り

もし、ローンが払えなくなったら… 今は新築!先々は同居になる…

子供夫婦を近くに呼びたい… 1棟で同居よりは敷地内同居がいい…

将来の不安… 私的年金を考えたい…

↓

一般的に家族の暮らしの変化は10~15年周期で訪れるといわれています。
Casitaでは独立した2棟の住宅を活かすライフスタイルの変化に合わせた例をご提案できます♪

自宅(単世帯)
賃貸

スタート
収入付マイホーム

1棟を貸家とする事で、借入金の負担軽減かつ早期返済を目指します。



子世帯
親世帯

15年後
近距離2世帯住宅

家族の状況に合わせて、住み替える自己所有だから可能。



貸家
貸家

20年後

ローン返済後は家賃が安定収入となり、いわば私的年金として老後のゆとり資金へ。
また、新たに住み替えてローン返済に充当もできます。

相続税対策をお考えの方

相続税対策として、アパートやマンションを建設することは非常に有効な方法です。
その仕組みは、みなさんご存知でしょうか?? 

それは、賃貸住宅を建築するとその土地と建物は相続税を計算するうえで、実際の価値よりも大幅に低く評価されるためです。

更地の「不動産」よりも「賃貸住宅(貸家建付地)」の方が相続税を低く抑えられます!

更地の「不動産」よりも「賃貸住宅(貸家建付地)」の方が相続税を低く抑えられます!

もちろんcasitaを建てても同じような効果を得ることが出来ます。
しかし!!アパートやマンションと決定的に異なる点がcasitaにはあります。
それは「分筆対応が可能」であるということ。
アパートやマンションなどを複数の相続人で共有してしまうと、必ずと言っていいほどもめごとがおこります。
これがいわゆる「相続=争続」と言われるゆえんです。
ですが、2棟建てのcasitaなら「円満相続」を実現できます。
弊社には、相続診断士資格取得者がいます。まずはお気軽にご相談ください(*^-^*)!!